平成27年度



ヘルマンハープの調べ  〜歌とともに〜




シュトラーセコンサート
シュトラーセ
シュトラーセはドイツ語で “道” の意。ヘルマンハーブの優しい音色に強く魅かれ、その縁で結成されたアンサンブルグループです。ボーカリストを含めて4人で構成、ことしで結成5年目を迎えました。毎年のオータムコンサートの他、多様な場所で演奏をしています。

          写真右 : 左から
石川雅両子さん、戸村和美さん、北口照美さん、山下輝代さん
ヘルマンハープ
1987年にドイツのヘルマン・フェー氏が、ダウン症を持って生を受けた息子のために「演奏を聴くだけではなく、自らも演奏を楽しめるように」と開発された楽器です。五線譜が読めなくても、演奏が楽しめるように専用の楽譜を用い、誰でもすぐに演奏者としての喜びを実感できることが魅力です。日本へ紹介されたのは2004年、梶原千沙都さん(家住S58卒)によるものです。
  1.バッフェルベルのカノン   6.アリア
  2.白鳥   7.サマータイム
  3.私の偶像である人の回りに   8.ねむの木の子守歌
  4.私は心に感じる   9.この道
  5.あなたのおそばに   10.奈良女子高等師範学校校歌